完全 "𝕂𝕠𝕥𝕖ℂ𝕙𝕒" 目線

支え合えるStep family目指し中。読んだ人と笑顔を共有したい。

【My Books.jp】自分のブログが本になる“ ブログ製本サービス ”をレビュー

HTML ページの例

f:id:kotechama:20201210132604j:image

自分のブログが本になる、ブログ製本サービスの【  My Books.jp  】をご存知でしょうか?

言葉の通り、自分が書いてきたブログが一冊の本にしてもらえるものです。こちらのサービスを2回利用したのでレビューしていこうかと思います。

 

 

 

世界に一つだけの自分の本

f:id:kotechama:20201210132635j:image

ブログは、いろいろな形がありますが私は子供達の事・自分の事や日常の事を長女が産まれて8年間毎日書き綴っていました。(←たまに、1週間まとめてとかやっちゃいますけどww)

元々子供達の記録にと手書きで育児日記を書いてましたが、画像も入れられて一緒に文も書けるということでブログを書き始めました。

そして、どうせやるなら一生残るものとして【本にする】事は出来ないのかな?と思い調べてみると馴染みのあるアメブロが対応とのことでアメブロで書き始めました!

 

 

 

【My Books.jp】特徴・対応BLOG

f:id:kotechama:20201210132723j:image

【 My Books.jp 】の特徴

✔  詳 細  

  • 本の種類は3種類

         ☑  上製本(ハードカバー+ブックカバー)

            ☑  並製本(ブックカバーありorなし)

  • 仕上がり見本(PDFファイル)何度でも無料
  • 表紙は24種類から
  • 6書体(明朝体・ゴシック体・教科書体・丸ゴシック・手書き風・ペン字風)
  • “ カラー印刷・モノクロ印刷 ” 選択可

 

 

✔  サ イ ズ (全4種類) 

  • 週刊誌サイズ(B5)
  • 標準サイズ(B6)
  • 文庫サイズ(A6)
  • ポケット版(A7横)

 

 

 

 対応ブログ 

 

 

 

実際に作成した、ブログ本

f:id:kotechama:20201210132751j:image

▲ 正 面  

右➡上製本

左➡並製本(カバーあり)

 


f:id:kotechama:20201210132818j:image

▲ 側 面  

上が並製本で、下が上製本です。厚みは作成ページ数の違いですが、しっかりした作りだからか上製本の方が若干大きい。

 


f:id:kotechama:20201210132838j:image

▲ 裏 面  

 


f:id:kotechama:20201210132917j:image

並製本(ブックカバーあり)

中身は、このようになっています。雑誌みたいに折り曲げる事が出来る紙の表紙。

 

 

f:id:kotechama:20201210132944j:image

▲ 中 の 様 子  

写真は、こんな感じで印刷されます!字体は、丸ゴシックを選択しました!

 


f:id:kotechama:20201210133021j:image

上製本

見るからに、高級感としっかりした作り。表紙は、硬くしっかりとしてるので長い間綺麗に保管することができる。

 


f:id:kotechama:20201210133039j:image

▲ 中 の 様 子  

写真は、こんな感じで印刷されます!字体は、手書き風。こちらの方が個人的に写真の印刷が綺麗に感じました!

 


f:id:kotechama:20201210133113j:image

▲カスタマイズ次第で自分色の“世界に一冊だけの本“

 


f:id:kotechama:20201210133138j:image

▲ 購 入 特 典  

月によって、購入特典が変わります!私が頼んだ時は“ 布マスク ” と “ アイススプーン ” でした!

 

 

 

最後に…

f:id:kotechama:20201210133154j:image

上製本と並製本を頼みましたが、上製本の方がしっかりした作りで長持ちはしそう。ただ、並製本の倍の料金します。

 

【実際に注文した本のだいたいの概要】

☑上製本(166ページ/標準サイズ)約¥10,000

☑並製本(152ページ/標準サイズ)約¥5,000

 

持ちが良く高級感のある、上製本を頼むか。比較的リーズナブルな、並製本を頼むか。次は、どちらを頼もうか既に悩んでいます…

 

 

 

子供達がいるとなかなか自分の時間もなくドタバタと毎日が風のように過ぎ去る。けど、かけがえのない毎日。もう一生戻ってこない毎日。今は忙しくて、イライラしたり、落ち込んだりすることもあるけど、その中で楽しかったり、幸せだったりすることもある。その時にしか味わえない感情がある。

 

子供達が大人になった時にこの本を見せてあげたい。そして、いつか今が思い出となり笑い合えたらな…という気持ちで今日も書き綴っています。