完全 "𝕂𝕠𝕥𝕖ℂ𝕙𝕒" 目線

支え合えるStep family目指し中。読んだ人と笑顔を共有したい。

Pi Network(パイネットワーク)とは?詐欺なのか?ホワイトペーパーから読み解く

HTML ページの例

 

Pi Network暗号通貨としての特徴

f:id:kotechama:20210510203243j:image

Pi Networkの一番の売りはマイニングをモバイルで行える事だろう。専用のアプリをスマホにダウンロードして1日1回起動してタップする、それだけで誰でも簡単に仮想通貨Piコインを手軽に省エネでマイニングできるというもの。


対して「ビットコインのマイニングは地球にとって危険なレベル」という人もいるくらいのエネルギーを使用する。

英ケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究者らがまとめたビットコイン電力消費指数によると128テラワットに達する可能性があるという。これは世界の電力生産量の0.6%を占める。ビットコインの非中央集権的な通貨としての在り方に賛同しつつも、エネルギー消費やマイニングに一般の人が参加できないという部分を解消していこうというのが大まかな趣旨のようだ。

Piのコンセンサスアルゴリズムはステラコンセンサスプロトコル(SCP)上に構築。このステラコンセンサスを設計したのはスタンフォード大学 コンピューターサイエンス教授 David Mazieres氏。仮想通貨が好きな方ならご存じだと思うがステラルーメンが使用しているネットワークでテストネットワークとして稼働。年内にはメインネットに移行するとのこと。Piはモバイル、ラップトップ、コンピューターなど個人のレベルでプロトコルレベルで貢献し、報酬を得られる仕組みを作ることを目的としている。簡単に言えばビットコインのマイニングは今や企業レベルで行う話すだがそれを個人で行おうという事らしい。

 

1日1回タップするだけって何?

f:id:kotechama:20210510203831p:image

Piユーザーとして4つの役割を果たす事でそれぞれ報酬を得られるようになっているようだが、今拡散されている“一日一回アプリを開いてタップするだけで報酬を得られる”というのはその中のひとつ。ロボットではないことを証明するPIユーザーという項目に当たる。簡単に言えば1日1回起動させたいのだろう。

モバイルアプリは1つ以上のノードに接続し、トランザクションが台帳に記録されているかどうか確認する。スマートフォンのバッテリーやデータを使い果たさずにマイニングを行うという。正直仕組みがよくわからない上、うさん臭さはある。が、ビットコインの初期のマイニングという話も当時はうさん臭かったのだろう。ビットコインのようにある種先駆者の圧倒的勝ち確ゲームにならないようPiユーザーの少数が大量保有する事につながらないようにする。その上で希少性を出す。双方のバランスをとりながらユーザーの貢献度に応じてPIを獲得できるようにしていくシステム作りを行っていくとのこと。
富の極端な集中を避けつつ、個々については貢献度、全体の参加人数に応じて配布量が変わる仕組みだとホワイトペーパーでは何度も強調している。ちまたでは第二のビットコインと噂にはなっているが、運営自体はいつか価値が爆上がりするというような露骨な煽りはしていない。その辺は好感度は高いがマイニングスピードを高めるためにやたら参入者を紹介しろと煽っている。この辺はねずみ講に通じるものもあるが……


Piの目的を推察する

f:id:kotechama:20210510203606j:image

「Google、Amazon、Facebookのような大企業は個々の消費者に対して計り知れない影響力を持っています」ホワイトペーパーにはこのように書かれている。これこそがPiの目的ではないかと思う。現在Pi Networkの公式ツイッターには35万人以上のフォロワーがついている。

ひとつの大きなコミュニティを形成することは大きな力となる。もちろんアプリの設定時に個人情報を抜くため、携帯電話の中身を抜くため、と色々な噂はあるものの一番妥当なのは人集めではなかろうか。大きなコミュニティはいずれにせよ影響力を持つし、お金に換える事もできる。


やたら個人情報を入力させるのは何のため? リスクはあるの?

アプリ登録時はFacebookまたは電話番号認証、iPhoneであればAppleID認証でも可能。抵抗ある方もいるだろうが本名で登録しないとマイニングして貯めたPiの請求ができなくなるという半ば脅しがある。まずこれについては好意的な見方をすると“富の極端な集中”を避けるためだと考える事もできる。
例えば携帯電話の端末を何台も用意してマイニングを行えば一気にPiが獲得できるが、本名での登録、公式な書類の表記で名前を入力させられる。そのためPiを請求する際に身分証を提示を義務付けられれば二重取りはできない。細かく個人情報を入力するのはそのためという見方。
とはいえネットの書き込みでは個人情報を抜かれる、ピラミッドネットワークの詐欺スキーム、アプリをインストールしたら銀行口座からいくらか抜かれたなどの書き込みがあったりもする。あくまで個人的な感覚だが35万人以上のフォロワーに対し、その手の書き込みはほんとごくごくわずか少数だった。

銀行から金を抜く技術があるのなら今後、ユーザーが増えた段階で全員の銀行口座から金をぶっこ抜いてドロン。ない話ではないがあまり現実的ではない。もしお金を得ようと思えば、公式Twitterを信じるならだが1500万人以上がアプリを登録している。なので今注目が集まるDEFIで資金をプールさせてドロンした方がよっぽど効率的だ。リスクがないわけではないのでおススメはしないが、そういったリスクよりはやってみたものの時間の無駄だった、その程度のリスクな気がする。仮想通貨の世界は参入するタイミングが命運をわけるとこの2か月で痛感している。それもあって自分はとりあえず飛び込んでみることにした。慎重派のちゃまは今回参戦せず(笑)


今現在Pi Networkは何を行っているのか?信頼に値するのか?

f:id:kotechama:20210510203713j:image

公式のホワイトペーパーによると、現在マイニングされるPiトークンはどこの取引所にも上場しておらずどこかで購入する事はできない。どこにも上場してなければ原則売ることもできない。現状はテストネットでテストされている最中で、それが終わるとPiネットワークの公式メインネットが起動されるとのこと。
そしてメインネットが起動されると、Piを上場し他の通貨と交換するする事もできるようになる。今はこのテストネットの状況。少なくともTwitterを見る限り2019年からプロジェクトは進行し続けていると思われる点、一応ロードマップに沿って進行していると思われる点、最近もPiBrowser App、PiMobile Walletなどリリースしており開発は進行していると思われる。チームメンバーについても写真で顔出しをしている。

 

f:id:kotechama:20210510204058p:image
◆ニコラス・コッカリス博士
テクノロジー責任者。スタンフォード大学の博士号とスタンフォード大学の最初の分散型アプリケーションクラスのインストラクター。

 

f:id:kotechama:20210510204110p:image
◆チャンディアオファン博士
製品責任者。スタンフォード大学で人類学の博士号を取得。人間行動と人間グループ研究の専門知識を持つ。


ここら辺はプラスポイントだとは思う。現状で特に何かお金を請求されるわけでもない。唯一感じるのは紹介、紹介と次々と参加人数を増やそうとしているところくらい。公式のQ&Aにもこれは本当ですか? Piは詐欺ですか?という質問がきている。
「Piは詐欺ではありません~中略~Piのコアチームは、2人のスタンフォード博士と1人のスタンフォードによって率いられており、その全員がスタンフォードのブロックチェーンコミュニティの構築を支援しました。プロジェクトが成功することを保証することはできません。しかし、私たちは、最高水準の誠実さを維持しながら、共有する夢を実現するために最善を尽くすことを約束します」との回答だ。

もちろん騙しています、と言うはずはないが。また一般的にappleのアプリの審査基準は厳しいと言われている(5月13日現在apple storeから消えている。5月14日にはapple storeに復活)以上の事からリスクがあったとしてもプロジェクトが頓挫してこれまで貯めたPiが無価値になるくらいではないか? そもそも原資を入れないのだから損はしないという判断をした。これは人によって異なると思う。

 

毎日Piが貯まっていく!

f:id:kotechama:20210510203152j:image

前述したがちゃまはなんか怪しいと言ってアプリをダウンロードしていない。実際、アプリの雰囲気は怪しいと言えば怪しい。その反応を見て、ビットコインの事を初めて聞いた時の事を思い出した。あの時、俺は怪しい、詐欺と決めつけ今の世界を想像できなかった。そこに相当引きずられているが(笑)後悔するにしてもとりあえずやってみる事にした。


ネット上の噂話

ここからはネット上の情報を元にしているわけではないので、定かではないが年内にかけて上場する予定ではないか? と囁かれている。また、現在の価格についても色々噂があるが基本は0円だと思っていた方が良さそうだ。ただし、だからこそ夢があると言えば夢がある。多くの人が詐欺だと思ったビットコインのように、無料の宝くじをもらうような感覚で、ちょっと触ってみる。Pi Network始めて二日目。6Piほど貯まった。とりあえず様子見してます。正直、現状はどっちとも言えないのでおススメはしません。ただ、今後何か進展がありましたらまたご報告します!!

 

 

 

コインチェック