完全 "𝕂𝕠𝕥𝕖ℂ𝕙𝕒" 目線

支え合えるStep family目指し中。読んだ人と笑顔を共有したい。

私がビットコインを買う理由

HTML ページの例

f:id:kotechama:20210722202145j:image

恐怖のグレイスケールのロックアップの解除や規制に関する悪いニュースも出尽くし、ようやく仮想通貨も強い地合いに向かいそうですね。ビットコインが30000ドルを割った時は仮想通貨終わったとさえ思いましたが……。

日本で仮想通貨の話をすると好きな人は目を輝かせて、好きな野球チームの話をするようにどの銘柄を保有しているか語りあかせます。逆に興味のない方に話すと“怪しい”“詐欺”“胡散臭い”と心の声が聞こえてきそうな白い眼をされます。まるで宗教の勧誘か何かを見るような目で。実際、昔の自分がそうでした。なのに今どっぷりハマっております。今回は“私がビットコインを買う理由”についての記事です。

 

 

今更だけどビットコインってどんなコイン?

ほんの3か月前は日本円で1枚680万円以上したビットコインが現在354万円。ここまでボラティリティが激しいとそりゃ怪しい物にしか聞こえませんよね。たぶんここだけ聞いたら自分も危なすぎるだろ、と怪しいと一蹴したと思います。しかしながら、ビットコインの仕組みを学べば学ぶほど何でもっと早く着目しなかったんだ、と後悔しかありませんでした。

 

  • ビットコインは国や企業が管理していない。特定の組織に管理されるのではなく、世界中に分散されたネットワークを利用して通貨を管理しているため管理者は不在
  • 中央集権の管理を行わないがネットワーク上の取引記録は世界中の誰にでも精査できる。不特定多数の目にさらされているので偽造も防止や不正は行えない。すべての記録は残るが個人情報は含まれない
  • ビットコインの創設者のサトシ・ナカモトの存在がミステリーじみてる。死亡説など色々あるが個人的にはその辺の話も魅力的すぎる。


ビットコインについて価格の値上がりを除けば、大まかに以上の3点がよく語られると思います。そんなにお金を出してまで買うものか? ここだけ聞くとそんな魅力は感じないかもしれません。

 

発行枚数は2100万枚まで!

私が常々“ビットコインは武器になる”と言い続けているのには理由があります。すなわち買う理由ですが“発行枚数が決まっているので欲しい人が増えれば必ず価値が上がる”という部分になります。

 

  • 2100万枚が発行上限
  • すでに1850万枚を超えるビットコインが採掘されて市場に出ている
  • マイニング報酬が少なくなる次回の半減期が2024年と考えられるが、その際にはほぼ全量が市場に出尽くす


発行上限が決まっている以上、枚数の増加はありえません。むしろウォレットにいれたまま取り出せなくなった人達や紛失してしまった人達なども多数いますし、今後も増えるはずなので枚数は減少傾向になります。それに対して“ビットコインを欲しい人”は年々増加していっています。こんなデータがあります。

 

コインチェック

 

アメリカ国民は仮想通貨を信頼し始めてる!

f:id:kotechama:20210722203009j:image

2021年1月~7月の間に定期的にデータを収集している「リアルタイムインサイトイネーブルメントプラットフォーム」Civic Scienceによると、アメリカの一般市民は仮想通貨に対する信頼を強めているとの見方をしてます。

35,098件の回答をもとに統計を出していますが、仮想通貨に投資をした事ある人の数が今年の1月の9%から7月は17%に増加しています。これから投資をしてみたい人については1月は7%。それが7月には11%にあがっています。


理由の内訳も面白い結果でした。

 


暗号通貨に投資をする主な理由についての回答3168件の内訳

  • 26%が長期成長投資
  • 24%が短期投資

 

アメリカ人の7人に1人がビットコインを所有!

f:id:kotechama:20210722203142j:image

最年少の18歳~24歳の年齢層は主に長期成長投資(37%)として暗号通貨に関心があるとされていました。また、5月にはこんなニュースもありました。仮想通貨投資企業の NYDIG(New York Digital Investment Group) が実施した調査の結果によると、アメリカ人の4600 万人以上がビットコインを保有しているといいます。
アメリカの総人口は3億3千万人なので4600万人以上ですと約7人に1人が保有していたという事です。今年1月の調査結果なので、先日の大暴落で手放した方たちも多いでしょうがこれって凄い事ですよね。
これらを鑑みれば、ビットコインの希少価値は自ずと上がると思われます。富裕層が大量のビットコインを所有する時代が続けば、その富裕層が売った際にすさまじい売り圧で下落します。しかし、それに入れ替わるように若い世代が少量ずつ買っているという事実は、その内に激しい値動きも収まっていく方向に働きます。さらにこれからの人たちがビットコインや仮想通貨に投資、関心を向ける事でどんどん市場が拡大していく事も予想できます。

 

私がビットコインを買う理由

「アメリカでは若い人が高くない賃金で得た給料の結構な割合をビットコイン積み立てに使っている」と友人から聞きました。「これから先、大量のドルは稼げないが少量のビットコインを買っておいて子供たちに残したい」そんな方もいるようです。
価格高騰の他にも今後、考えられる円のインフレに対してもそうです。円をたくさん持っていても、物価が上昇すればその価値は下がります。もちろんビットコインも暴落して価値が下がるというリスクはありますが。
ただ、ビットコインの価値を信じている人たちは増加していってます。4600万人が保有、ビットコインがメインストリームに、とニュースでは書かれていましたが、世界の中心のアメリカでその傾向にあるなら、遅かれ早かれその動きは広がっていくと思います。
これまで規制やハッキングやマイナスなファンダで何度も頭を抑えつけられてきたビットコインですが、その度にそれを跳ねのけています。私がビットコインを少量ずつでも買い続ける理由は、同じように少量ずつ買い集めて信じている人たちの多さです。

そして未来を夢見れるという点です。今から私が円をガンガン稼いでお金持ちになるという想像はなんだかできないのですが、不思議な事に買い集めたビットコインが高騰してお金持ちになるという想像はできるんですよね。
本当に必要な物は必ず浸透します。そして私は仮想通貨もきっと未来に必要になる物だと思っています。上がったー、下がったーとみんなで喜んだり悲しんだりできるのも最高に楽しいですしね!

 

※仮想通貨の投資自体は恐ろしいですよ。私も170万円ほど入れてしまい、ビットコインとイーサリアム以外のコインはほとんど焼かれ現在55万円くらいの価値になってます。

 

 

コインチェック